フコイダンのことを詳しく紹介しています!

フコイダンを始めよう。

 

TOPページ
フコイダンの産地トンガ
フコイダンの効果
フコイダンと免疫力
フコイダンと胃の関係
フコイダンとアミノ酸
フコイダンの飲用量
フコイダンの選び方
フコイダンのQ&A
がんの予防方法
ご意見・ご感想




 

フコイダンと免疫力

病気になってしまう、直接的な原因というのは、なんといっても免疫力の
低下でにあります。免疫力を低下させてしまう、最大の原因というのは

過度のストレス(過労、してしまうと、、「活性酸素による組織破壊」
「リンパ球の減少」「血流障害」「排泄・分泌機能の低下」の4つを引き起こ
します。この4つが病気を招く根源になります。しかし、逆に言えってしま
えば病気を治すには、免疫力を正常に戻していくことで、これら4つを改善
出来るということになりますよね。

ここで出番なのがフコイダン!それではフコイダンは免疫力にどのように
関わっているのかを見ていきましょう。

 

リンパ球の減少とフコイダン

リンパ球とは血液中の白血球にある成分のことです。
「免疫力=リンパ球」と言われるている位、免疫力の主役はリンパ球になり
ます。
リンパ球の働きというのは、血流に乗って全身をち、がん細胞を滅ぼします。
免疫力が正常なときはリンパ球の数もたくさんあって、前期に働いてくれま
すので、新しく生まれてきた、がん細胞にもすぐ対応出来るということです。

ところがリンパ球の数が減ってくると、すぐには対応することが出来なくなって
しまいます。手術でがん細胞を取り除いても、術後は免疫力が低下しますので、
リンパ球が減少しています。完治のためにはこれを改善していかなければ
なりませんよね。

そこで出番なのがフコイダン!フコイダンの有用性の一つにアポトーシス作用
があります。 とくにリンパ球が減少しているときに正常に戻すお手伝いをして
くれます。

血流障害とフコイダン

リンパ球が少なくなった状態が続いてしまうと、血流障害を引き起こしてしま
います。免疫力とうのは上記の通り白血球です。
この白血球はリンパ球・顆粒球・マクロファージからできています。
リンパ球が減ると、顆粒球は逆に増えていくんですね。この状態が続くと
免疫力が低下して、交感神経優位の状態が続くことになります。

交感神経はアドレナリンという物質を分泌していて、これが血流障害の原因
になります。アドレナリンには血圧を上げて、あらゆる物質の分泌を止める働
きがあるからです。

そこで出番なのがフコイダン!フコイダンには血液の流れを良くする作用が
あります。血流が良くなれは、リンパ球流れに乗って全身をめぐることができ
ますよね。また痛み成分や老廃物なども血流で押し流すことができるように
なります。

 

排泄・分泌機能低下とフコイダン

まず排泄については、フコイダンは水溶性なので腸管の働きを活発にして
排泄機能を高める作用があります。
フコイダンが腸管に行くと、腸管は次の器官へこれを送ろうと活発に働く
ようになります。また、腸管には全身の免疫細胞の6割が集まっています
ので、腸管が元気に働くことは免疫細胞を刺激することにもなります。

次は分泌機能について見てきましょう。

リンパ球ががん細胞を発見するとすぐに、パーフォリンなどの物質を放って
がん細胞を滅ぼします。
しかし分泌機能が低下している状態では、分泌することができませんので、
がん細胞を見つけても何も出来なくなってしまいます。
フコイダンのアポトーシスについては上記にも記載しましたが、分泌機能が
低下しているときも、このアポトーシス作用は効果的といえます。

まず食事では、食物繊維を取り入れたものや、温かいものの献立がおす
すめです。治療後すぐは、冷たいものやケーキは避けて下さいね。
また、リハビリのためにも、先生と相談しながら適度に身体を動かしたりして
以前のような生活を取り戻せるように、ゆっくり頑張っていきましょう。

 

pickup

葬儀 口コミ

2017/8/17 更新

TOPページフコイダンの産地トンガフコイダンの効果フコイダンと免疫力フコイダンと胃の関係
フコイダンとアミノ酸フコイダンの飲用量フコイダンの選び方フコイダンのQ&Aがんの予防方法
Copyright (C) フコイダンを始めよう。  All Rights Reserved  このサイトはリンクフリーです